[`evernote` not found]
LINEで送る

給水・給湯管のピンホールによる水漏れでご不便のある方は、ウィンテックにご相談ください。

鋼管から樹脂管へのお取り替えをお勧めします。

鋼管の劣化により管に穴が開くピンホールは、1度起こると次は違う箇所で起こることが多く、いつどこで穴が開くかはわかりません。

ピンホールの不安を解消しましょう。

ご相談はウィンテックへ(0166630437)

こんにちは。 水もれポタポタからリフォームまで、旭川のリフォーム&エイゼン専門店、ポタポタネットのウィンテック(旭川市水道局指定工事店)の宮谷です。

 

旭川市内の某宿舎で、給水・給湯の配管更新の施工を完了しました。

流し台を外し、鉄管(給水)と銅管(給湯)を撤去。

樹脂管で配管を完了です。

浴室も鋼管を撤去し、樹脂管で配管更新。

隠蔽部なので、壁や天井の一部を撤去しての施工です。

壁の中での水漏れは、発見も難しく、集合住宅の場合は下の階の天井から水漏れすることで初めて気づくことも多いのです。

壁や天井を復旧し、流し台も元通りに取り付けて完了です。

今回は3室を施工しました。

戸建ての住宅はもちろん、マンションやアパートなどで、ピンホールや赤水でお悩みでしたら、ウィンテックにご相談ください。

一般住宅の場合、給水・給湯の配管更新は、30万円(税抜き)が標準的な価格です。

二世帯住宅は、配管距離が長くなりますので、別途お見積りいたします。

修理の対応については、基本的には受付順にご希望の日時で承っております。
ご希望日が集中しますと、お待ちいただくことがありますことをご了承ください。緊急以外は、少し余裕を持ってご依頼いただけると、ご希望の日時に合わせやすくなります。

ウィンテックでは、ご予算に合わせて、最善のリフォーム(修理・修繕)をご提案しています。

写真をお送りいただいてのお見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。(現地での調査が必要な場合は、調査料が必要になります。)

各ショールームへのご案内もいたします。

(有)ウィンテック 0166-63-0437

無料メール相談室もご利用ください。(自動返信メールが届かない時は、Facebookページをご利用ください。)

ウィンテックFacebookページへメッセージをお送りいただいても、お返事いたします。