[`evernote` not found]
LINEで送る

給水・給湯管のピンホールによる水漏れでご不便のある方は、ウィンテックにご相談ください。

鋼管から樹脂管へのお取り替えをお勧めします。

鋼管の劣化により管に穴が開くピンホールは、1度起こると次は違う箇所で起こることが多く、いつどこで穴が開くかはわかりません。

ピンホールの不安を解消しましょう。

ご相談はウィンテックへ(0166630437)

こんにちは。 水もれポタポタからリフォームまで、旭川のリフォーム&エイゼン専門店、ポタポタネットのウィンテック(旭川市水道局指定工事店)の宮谷です。

年明けから、配管のピンホール修理の依頼が続いています。

今日はアパートのオーナー様からのご依頼でした。

流し台の下から水が漏れているとのことで、まずは流し台を外します。

流し台の裏側で、銅管から水が漏れていました。

ちょうどバンドの所で、外してみると勢いよく噴き出します。

穴がかなり大きくなっていたようです。

テクタッチで修理完了。

流し台を戻して、配管を繋ぎ、修理完了です。

最近の流し台には、シンク下辺りに点検口が付いているものもあり、脱着しなくても修理ができるものもあります。

ピンホールが何度も起きるようでしたら、配管更新をお勧めしています。

修理の対応については、基本的には受付順にご希望の日時で承っております。
ご希望日が集中しますと、お待ちいただくことがありますことをご了承ください。緊急以外は、少し余裕を持ってご依頼いただけると、ご希望の日時に合わせやすくなります。

ウィンテックでは、ご予算に合わせて、最善のリフォーム(修理・修繕)をご提案しています。

写真をお送りいただいてのお見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。(現地での調査が必要な場合は、調査料が必要になります。)

各ショールームへのご案内もいたします。

(有)ウィンテック 0166-63-0437

無料メール相談室もご利用ください。(自動返信メールが届かない時は、Facebookページをご利用ください。)

ウィンテックFacebookページへメッセージをお送りいただいても、お返事いたします。