[`evernote` not found]
LINEで送る

セントラルヒーティング(暖房設備)でご不満、ご不便のある方は、ウィンテックにご相談ください。

暖房を使い終わるこの時期、点検や整備をお勧めします。

お客様も「こんなに暖かくなるものなんですね。」と驚かれています。

燃料も機器も、無駄なく効率良く活かす技術を自信をもってご提供します!

「エコリフォームで補助金もらえます」(国土交通省: 住宅ストック循環支援事業) 

ご相談はウィンテックへ(0166630437)

こんにちは。 水もれポタポタからリフォームまで、旭川のリフォーム&エイゼン専門店、ポタポタネットのウィンテック(旭川市水道局指定工事店)の宮谷です 。

トイレの流れが悪くなる原因はいろいろありますが、ひとつに排水配管の破損などがあります。

屋内から屋外へ、そして汚水の本管へと繋がっている排水配管。

屋外の配管の上に車庫が建っていました。

車庫を建てた時に、何らかの衝撃があったようで、地中に埋まっている部分が破損してしまったようです。

 

 

配管を掘り出します。

今回は建物の下なので、重機などは使えません。

慎重にスコップで掘ります。

汚水枡の下から配管が出てきました。

 

 

 

しばらくは流れていたようですが、徐々に破損度合いがひどくなり、先日の集中豪雨でついに土砂が入り込んでしまったようです。

そのため、流れが悪くなってしまったんですね。

 

 

 

 

破損部分の配管を取り替え、埋め戻します。

家の周りには、上下水道管やガス管などが埋まっています。

家を建てた時の図面があれば確認できますが、図面が見当たらなくなってしまったということもありますね。

あとあと、トラブルなど起きないように、埋設管の確認をしておきましょう。

 

問題なく水が流れることを確認したら、きれいに埋め戻して完了です。

今回はトイレでしたが、以前には、洗濯機からの排水配管からタオルが出てきたことがありました。

いったい、どうやって流れたんでしょうね???

不思議なことがあるものです(^^ゞ

 

 

ウィンテックでは、ご予算に合わせて、最善のリフォーム(修理・修繕)をご提案しています。

旭川市内及び近郊は、お見積もり無料ですので、お気軽にご相談ください。

各ショールームへのご案内もいたします。

(有)ウィンテック 0166-63-0437

無料メール相談室もご利用ください。(自動返信メールが届かない時は、Facebookページをご利用ください。)

ウィンテックFacebookページへメッセージをお送りいただいても、お返事いたします。