[`evernote` not found]
LINEで送る

セントラルヒーティング(暖房設備)でご不満、ご不便のある方は、ウィンテックにご相談ください。

暖房を使い終わるこの時期、点検や整備をお勧めします。

お客様も「こんなに暖かくなるものなんですね。」と驚かれています。

燃料も機器も、無駄なく効率良く活かす技術を自信をもってご提供します!

「エコリフォームで補助金もらえます」(国土交通省: 住宅ストック循環支援事業) 

ご相談はウィンテックへ(0166630437)

こんにちは。 水もれポタポタからリフォームまで、旭川のリフォーム&エイゼン専門店、ポタポタネットのウィンテック(旭川市水道局指定工事店)の宮谷です 。

トイレのタンクの水が止まらず、お困りの方が多いようです。

急いで駆けつけてみると、思わぬことが原因だったりします。

メーカーによって多少違いますが、タンクの蓋を開けると、だいたいこんな感じです。

 

 

中は、この図のようになっています。

レバーを回すと、ゴムフロートが持ち上がってタンクにたまった水が便器に流れます。

レバーが戻るとゴムフロートも下がり蓋になり、水が一定の量までたまると、ボールタップによって止まります。

水が流れっぱなしになるのは、このゴムフロートが経年劣化ですり減ってしまったり、何かが挟まったりして隙間ができてしまうことが原因です。

また、ボールタップが故障すると、給水が止まらず、オーバーフロー管から水があふれて便器に流れることになります。

 

タンクの水が止まらない時は、慌てずにまず図の左下にあるような止水栓を閉めます。

ハンドルがついているものや、図のようにドライバー(コインでも)で開閉するがありますので、そこを閉めて修理をご依頼ください。

最近多いのが、トイレの洗浄剤と言われるものが、ゴムフロートの下に入ってしまい、水が止まらなくなるというものです。

これと同じように、タンクの手洗いのところにガラス玉などを飾りで置いていて、それがどういう加減かタンクに入ってしまい、やはりゴムフロートのところで挟まってしまうこともあります。

タンクの中には、ものが入らないようにしましょう。

 

 

珍しいケースでは、挟まっていたのが「つけ爪」だったということもありました。

なぜか、タンクの中に入ってしまったんですね。

小さいものは、タンクの手洗いの排水部からタンク内に落ちてしまうこともありますので、注意しましょう。

ゴムフロートを持ち上げる鎖が切れてしまったり、外れてしまったりすることもあります。

 

タンクの中は、カビが発生しやすく、普段は開けることがないので、開けるとビックリしてしまうほど、黒ずんでいたりします。

そしてこの蓋が陶器の場合、結構重いので、誤って落としたりすると、割れたりケガをする心配もあります。

タンクの水が流れっぱなしで気になる時は、お気軽にお問い合せくださいね。

 

ウィンテックでは、ご予算に合わせて、最善のリフォーム(修理・修繕)をご提案しています。

旭川市内及び近郊は、お見積もり無料ですので、お気軽にご相談ください。

各ショールームへのご案内もいたします。

(有)ウィンテック 0166-63-0437

無料メール相談室もご利用ください。(自動返信メールが届かない時は、Facebookページをご利用ください。)

ウィンテックFacebookページへメッセージをお送りいただいても、お返事いたします。