水漏れポタポタからリフォームまで

トイレ編


写真の撮り方⑧

toilet-01 トイレ(便器)の全体がわかるように撮影します。
メーカー名、型番を撮影します。
toilet-02 メーカー名、型番を撮影します。
toilet-03 水もれのある部位をわかりやすく撮影します。
例:1) 便器と配管の接続部分。(写真左側)
例:2) タンク付近の配管。(写真右側)
(指でさししめしていただきますと、よりわかりやすくなります。)
toilet-04 水もれのある部位をわかりやすく撮影します。
例:3) 配管の継ぎ目。(写真左側)
例:4) 配管の分岐部分。(写真右側)
toilet-05 水もれのある部位をわかりやすく撮影します。
例:5) 便器の設置部分。(写真左側)

メール相談ご利用の際には

◎ 故障箇所  (トイレ(便器)給水からの水もれ など)
◎ いつ頃の商品か (平成9年頃 など)
◎ メーカー名  (TOTO など)
◎ 型番 (TCF991 など)

これらをお知らせくださると、より詳しいお見積や迅速な対応ができます。
また、修理工事ご依頼の際には、修理箇所の周囲の物を片づけておいてくださると、すぐに修理にかかることができますので、ご協力ください。

ご相談はこちらからmail-sodan

メール相談例はこちらからyajirushimail-sodanrei

※お使いのメールソフトによってはメーラーの文字が正しく表示されない場合がございます。その際はお手数ですが、お名前、ご住所などの情報を上記のように記入してメールを送信くださいますようお願いいたします。

tel

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る