[`evernote` not found]
LINEで送る

こんにちは。 水もれポタポタからリフォームまで、旭川のリフォーム&エイゼン専門店、ポタポタネットのウィンテック(旭川市水道局指定工事店)の宮谷です。

7月1日は、ウィンテックの創業記念日です。

今日から26年目に入りますが、100年企業を目指して、もっともっとたくさんのお役だちができるように、社員一同これからもがんばりますp(^^)q

さて、今日の北海道建設新聞に、建設業従事者数が掲載されていました。 FullSizeRender

道内の建設業従事者数は20万4500人で、北海道の労働総人口の8.7%を占めるそうです。

その中で、女性従事者は13.5%で27,700人。

女性従事者の率が最も高いのは山口県で、20.9%。

北海道は43位と出ていて、ちょっと淋しいです。

 

1建設業でも女性ができる仕事は、たくさんあります。

「やってみたい!」と思う方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!!

事務はもちろん、現場で活躍している女性もたくさんいます。

特に、現場での安全管理や品質管理には、女性の細やかな目と感性が、とても役立つと感じます。

ウィンテックでは、男女問わず、技術補助スタッフを募集していますので、「おっ!」と思われた方は、ぜひご応募くださいね(^^)

(有)ウィンテック 0166-63-0437

 

CIMG9486さてさて、25年の会社の歴史を振り返ってみると、たくさんの建物に関わってきて、今があるのだと改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

写真は旭川市内の小学校。

給湯ボイラー交換工事の1年点検を行っているところです。

旭川市内の小中学校、高校、大学などの修理、改修も行っています。

 

CIMG7341住民センターや地区センターでも、修理や改修工事がありました。

こちらは、東部老人福祉センターでの給油設備改修工事1年点検です。

水、お湯、油、空気などは、管を通って運ばれます。

私たちの仕事は、建設業では「管工事」と呼ばれます。

 

CIMG6801旭川市内では、春光台、東鷹栖、末広、台場、常磐公園など、公園のトイレ工事もたくさん行っています。

写真は、新設の公園トイレ1年点検で、換気フードの状態を確認しているところです。

一言で「こういう仕事です。」と説明するのは難しいですが、生活するために必要な水やお湯、油、空気が、普通に使える状態にする仕事です。

 

作業はもちろんのこと、「どうしたら、最善か?」を考え、提案し、予算とすり合わせるという、相手を思いやる心を大切にしているウィンテックです。

26年目も、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

ウィンテックでは、ご予算に合わせて、最善のリフォーム(修理・修繕)をご提案しています。

旭川市内及び近郊は、お見積もり無料ですので、お気軽にご相談ください。

各ショールームへのご案内もいたします。

(有)ウィンテック 0166-63-0437

無料メール相談室もご利用ください。(自動返信メールが届かない時は、Facebookページをご利用ください。)

ウィンテックFacebookページへメッセージをお送りいただいても、お返事いたします。