[`evernote` not found]
LINEで送る

道新2014/01/24

道新2014/01/24

水もれポタポタからリフォームまで、旭川のリフォーム&エイゼン専門店、ポタポタネットのウィンテック(旭川市水道局指定工事店)です。

今朝(2014年1月24日)の北海道新聞に、灯油盗難の記事が出ていました。

何年か前にも灯油が値上がりして、灯油の盗難が騒がれましたね。

雪も多く、見えにくい所に設置している灯油タンクは、特に注意が必要です。

キャップに鍵をつけたり、配管ガード(記事の写真の部分)を設置したりすることで、少しでも被害を無くしたいですね。

今月は寒さも厳しく、灯油消費量も多くなっているところに、1㍑100円を超えた灯油価格。

490リットルタンク満タンにしたばかりで、被害に遭ったら50,000円以上の損害です。

その上、配管を傷つけられたら、その修理費用も発生します。

暖房が使えず寒い思いをして、お金もかかって・・・踏んだり蹴ったりの状況です。

キャップの部分に抜き取り防止の部品を取り付けるものなど、ホームセンターでも販売されていますが、タンクのメーカーを確認して購入しましょう。

キャップはともかく、配管ガードを自分で取り付けるのは・・・と言う方は、ご相談ください。

もちろん、キャップのご相談も承ります。

灯油の入ったポリタンクの盗難もあるようなので、外から見えるところには置かない方が良いですね。

まだまだ暖房が必要な季節。

灯油盗難の被害に遭わないように気をつけましょう。

雪に埋もれたままだったり、何日もタンクを目にすることが無かったりすると、抜かれていても気が付かないこともあります。

外に出たついでに、ちょっとタンクを見ておきましょう。

それにしても、こんなに大事に使っている灯油を盗むなんて許せない!!

こんな事件が起こらない世の中にしたいですね。